フランスで買った人形を思い出とともにイラスト化した

数年前にパリへ旅行に行った時の思い出です。

ショーウィンドウに並ぶ人形や小物、お店の雰囲気が素敵で、ふらっと立ち寄った小さなお店。
(何てお店だったかは忘れてしまった・・・)

店主のおじさまが1人。

ハンドメイド品(おそらく)が並ぶガラスケースを前に、ある置物に一目惚れしました。

猫がグランドピアノを弾いている置物。これがすっごく可愛かったんですよ。

素材も良さそうでしっかりした作りで、気軽に買えるものではなかったのですが

どうしてもそのお店で何かが欲しかったんですね。

パッと目についたフランス人形を手に取りました。

色鮮やかなドレスが目を引いたのと、手の出せる値段だったということでなんとなく手に取りました。

特段気に入ったわけではないのに買ってしまうのは、旅行あるあるでしょうか。

でもその後

すごく丁寧にラッピングしていただいたこと

お店の方は寡黙で挨拶以外ほとんど喋らなかったけれど、人形を包む際の表情に温かさが溢れていたこと

それらが、なんとなく手に取った人形を特別なものにしてくれました。

そして、そんな思い出のつまったフランス人形をイラストにしてしてみました。

制作ソフトはCLIP STUDIO
ドレスの質感を表現するため、厚塗りで着彩。

ちなみにその人形(隣りのキャンドルは友人のお土産用に買ったもの。かわいい。)

微妙に可動するのとかドレスのフリルとか、絵を描く際の資料にもなり助かっているのです。

タイトルとURLをコピーしました